身体を錆びつかせる活性酸素とは

2016/3/3

thumbnail

私たちが体内に取り入れている酸素は1日に500L以上で、そのうち約2%が、強い酸化作用を持つ「活性酸素」に変わると言われています。活性酸素は体内に侵入したウイルスを殺菌する働きがあるのですが、この活性酸素が体内で増えすぎると、正常な細胞や遺伝子まで攻撃してしまうのです。

細胞の攻撃は肌トラブルや老化の大きな原因となり、この老化現象は“身体のサビ”と呼ばれています。

一覧に戻る

Total support of Office『 我々がトータルサポート致します 』

お探しのサービス以外にも、皆様の業務効率化のお役に立てるよう
『発注業務の一本化』をお手伝いさせて頂いております。