水素を用いたアトピーのケア

2016/3/16

水素によるアトピーのケアは、水素からアトピー性皮膚炎の症状に直接働きかけるというよりも、根本的なケアサポートが期待できます。

アトピーは、免疫機能がアレルゲンに過剰反応して、炎症やかゆみなどが起こるアレルギー症状です。皮膚に炎症が起こると活性酸素が発生します。

本来であれば、この活性酸素は体内に侵入した有害な細菌などを攻撃するのですが、アトピーの場合は大量に活性酸素が発生するため、本来攻撃すべき細菌などではないものに反応して、さらに炎症が発生します。

その過剰な免疫反応、炎症反応を抑えるためには、炎症サイクルを抑えるためにも発生した活性酸素の除去も必要です。

水素は、細胞外(血液やリンパ液など体液中)はもちろん、細胞膜や細胞の内部、ミトコンドリア内、核内など、身体の至るところに入り込み、活性酸素を除去します。その後、人体にとって無害な水になり体外に排出されます。

一覧に戻る

Total support of Office『 我々がトータルサポート致します 』

お探しのサービス以外にも、皆様の業務効率化のお役に立てるよう
『発注業務の一本化』をお手伝いさせて頂いております。