水素と癌治療の副作用の関係

2016/3/25

現在、抗癌剤治療で使われる製剤には、さまざまな副作用があります。例えば「シスプラチン」という抗癌剤は、癌細胞のDNA鎖と結合することで、DNAの複製を妨げ、癌細胞を死滅させる効果を持っていますが、反対に、腎不全などの腎臓機能に障害をもたらす副作用を持っています。

そして、水素にはこの腎臓機能障害を軽減する効果があります。加えて、水素はシスプラチンの癌細胞を死滅させる機能には全く影響を与えないため、シスプラチンを投与しながら、同時に水素を活用するということが可能です。

一覧に戻る

Total support of Office『 我々がトータルサポート致します 』

お探しのサービス以外にも、皆様の業務効率化のお役に立てるよう
『発注業務の一本化』をお手伝いさせて頂いております。