水素水で気になる体臭対策

2016/3/31

皮膚の表面にある皮脂などの脂質が、悪玉の活性酸素によって酸化されると「過酸化脂質」という物質になります。この過酸化脂質が、皮脂腺で他の化合物と結びついて再び酸化したり、細菌によって分解されると、嫌な臭い、つまり体臭が発生します。

活性酸素を除去することで酸化を抑える作用のある水素は、酸化が原因となって発生する臭いに対して強い効果を発揮すると考えられます。抗酸化作用を持つ物質は他にも多くありますが、水素原子はあらゆる原子の中で最小の元素であり、私たちの身体のあらゆる場所に浸透することから、効率性に優れた抗酸化物質と言えるでしょう。

一覧に戻る

Total support of Office『 我々がトータルサポート致します 』

お探しのサービス以外にも、皆様の業務効率化のお役に立てるよう
『発注業務の一本化』をお手伝いさせて頂いております。