発汗による臭いへの効果

2016/4/1

一般的に体臭の主な原因は汗による割合が大きいです。しかし、すべての汗が臭うわけではありません。私たちの身体は汗を分泌する腺(汗腺)が2種類あり、それぞれ違いがあります。水のようにサラサラとしたエクリン腺からの汗は、蒸発しやすく体臭になりにくい特徴があります。

しかし、もうひとつのアポクリンセン腺から出る汗は、体臭の原因となりやすくなります。アポクリン腺からの汗に含まれる成分が空気中の菌によって分解されることや、また、アポクリン腺と一緒に毛穴から分泌される皮脂が空気中で汗に含まれる鉄イオンによって酸化されることで臭いが発生するのです。

水素は、酸化によって発生した臭いに対して強い効果を発揮します。そのため、アポクリン腺からの汗の成分によって皮脂が酸化することで発生する臭いに対し、水素は効果を発揮すると考えられます。

一覧に戻る

Total support of Office『 我々がトータルサポート致します 』

お探しのサービス以外にも、皆様の業務効率化のお役に立てるよう
『発注業務の一本化』をお手伝いさせて頂いております。