加齢臭への効果

皮脂に含まれているパルミトレイン酸という物質が酸化・分解することにより発生したノネナールという物質も臭いの原因の一つです。

このノネナールは40歳以降の中高年に多いため、ノネナールによる体臭は「加齢臭」と名付けられました。加齢臭は酸化した物質による臭いなので、水素水の飲用がサポートに繋がることが期待できます。

水素を体臭対策として試してみたい場合は、一度水素療法に詳しいドクターに相談すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。