加齢臭への効果

2016/4/4

皮脂に含まれているパルミトレイン酸という物質が酸化・分解することにより発生したノネナールという物質も臭いの原因の一つです。

このノネナールは40歳以降の中高年に多いため、ノネナールによる体臭は「加齢臭」と名付けられました。加齢臭は酸化した物質による臭いなので、水素水の飲用がサポートに繋がることが期待できます。

水素を体臭対策として試してみたい場合は、一度水素療法に詳しいドクターに相談すると良いでしょう。

一覧に戻る

Total support of Office『 我々がトータルサポート致します 』

お探しのサービス以外にも、皆様の業務効率化のお役に立てるよう
『発注業務の一本化』をお手伝いさせて頂いております。