高血圧の合併症、脳梗塞と心筋梗塞

2016/7/4

活性酸素が作り出す過酸化脂質が血液中に増えると、血液はドロドロ状態になって流れにくくなります。
すると、細胞の活動に必要な栄養・酸素が行き渡らなくなり、血管の柔軟性が失われて脆くなってしまいます。
長期間血液がドロドロ状態だと、血管内で固まり「血栓」が発生。
過酸化脂質の影響で脆くなった血管は柔軟性がないため、血栓が血管内で引っかかりやすくなり、血流をせき止める可能性が高くなります。
これが脳の血管内で起こり、血流が止まってしまう症状を「脳梗塞」、心臓内の血管が止まる症状を「心筋梗塞」と言います。
脳梗塞も心筋梗塞も、高血圧の合併症です。
これらを防ぐには、血圧の安定化が最優先事項。
生活習慣の改善と共に、高血圧の原因となる活性酸素を取り除く抗酸化物質を積極的に摂る必要があるのです。
ちなみに、水素水を日常的に飲むことで、血圧が正常値に近づいたり、症状が安定したという声も多数寄せられています。

 

 

宮城、仙台でウォーターサーバーをお探しの方でより詳しい情報を知りたい際には弊社までお問合せ下さい。

 

 

-──◇オフィス環境の総合サポート◇—-オフィスコンサルは当社にお任せ下さい——-

ビジネスリンク株式会社    【URL】 http://www.bz-link.jp

【住所】〒984-0015

  宮城県仙台市若林区卸町2-12-6

【TEL】  022-766-9901     【FAX】022-766-9902

【F/D】   0120-048-550

 
水素水

一覧に戻る

Total support of Office『 我々がトータルサポート致します 』

お探しのサービス以外にも、皆様の業務効率化のお役に立てるよう
『発注業務の一本化』をお手伝いさせて頂いております。